Q.こちらの茶話会は双極性障害とうつ病だけの方が参加可能なんでしょうか?他の病気はダメでしょうか?

 

A.当会は、双極性障害か、うつ病の当事者を対象として雑談会をしています。なぜなら、私自身、双極性障害の当事者なので、気持ちの分かち合いと言う意味でも限定させてもらっています。統合失調症などの他の病気がメインの方は、話が合わないなどの理由からお断りしています。対象の参加者で他の病気も患っている方はいると思います。会話のメインは他の病気のことでは無いことをご理解ください。

 

Q.女子会・男子会・双極会・うつ会・茶話会に分けたのは何故ですか?

 

A.当会はもともと、双極性障害とうつ病の混合で12人部屋からスタートしました。暫くして参加者が集まるようになり20人部屋を借りて開催するようになりました。20人部屋では2テーブルで双極テーブルと、うつテーブルに分けて同時開催をしていましたが、別テーブルの参加者の声が煩く感じたり、スタッフが足らずに2テーブルをサポートできないこともあって、今の12人部屋に収まった次第です。

女子会(現女性限定の会):女性からの要望が多くて開催しました。前に女性スタッフを募って3回開催。女性スタッフは事情により辞めることになり、それから1年以上探しましたが良い人は見付かりませんでした。仕方なく進行手伝い(会場準備・受付・会の説明・ルールの読合せ・タイムキーパー・片付け)を男性スタッフでリスタート。進行手伝い以外は質問に答える程度で会話には参加せず、座ってる場所も会場のすみっこです。毎回開催して思うのですが、参加者がものすごく感謝してくれて、やってよかったと報われた気持ちにさせられます。

男子会:女子会の話をすると、よく冗談で男子会はしないんですか?と聞かれました。私は必要ないと思っていましたが、やってみるとすごく気楽で楽しく会話ができました。やっぱり、女性がいると場が明るくなったりしますが、気を使うし気になるし男性はかっこつけたくなるものですよね。そういったストレスがない男子会は個人的にお勧めです。たまに開催できればいいかなと思っています。

​双極会(現双極限定の会):双極・うつ混合の会場ですと、うつ病の人が双極性障害の躁エピソードが理解できないと話を控える人もいるので、双極性障害の人ならではの話が気楽にできる場所として双極会を設定しました。

うつ会(現うつ限定の会):双極・うつ混合の会場ですと、双極性障害の人が話し過ぎて、話に入り辛いうつ病の人もいると思います。そこで落ち着いて話せるように、うつ病の人限定のうつ会を設定しました。うつ病の人でも話し過ぎる人はいるので、そこの対処に試行錯誤しています。

茶話会(武蔵野茶話会):私が考えるこの茶話会の意義のひとつは、うつ病の人が双極性障害の人の話を聞けることだと思っています。うつ病から双極性障害になる人は思いのほか多く、誤診でうつ病とされているケースもあります。そういった人の話が聞けるのはプラスになると思う。双極・うつ共に、うつ状態に関しての経験は共感できると思います。

女子会・男子会・双極会・うつ会・茶話会は、必ず毎月開催できるとは限りません。武蔵野プレイスの会場は先行予約と一般予約があり、その両方で予約がとれない場合は開催できない会もある訳です。先行予約では比較的取りやすい日曜日を予約しています。一般予約では土曜日も視野に入れて予約しています。

武蔵野茶話会は特に今年に入って、試行錯誤しチャレンジしています。どんな形が一番良いのか?今年いっぱいを掛けて、みんなと作り上げていければいいかなと思っています。たびたび変更があると思いますが、よろしくお願い致します。

Q.武蔵野茶話会の参加人数はどのぐらいですか?

 

A.毎回、同じメンバー同じ人数とは限りませんが、大体10人ぐらいの参加者で開催しています。会場が12人部屋ですので、1テーブルで行います。僕にとって一番落ち着く広さの会場で、アンケートでも話しやすいと好評です。とても明るくて外の風景も見え天井は高く開放感があり、一体感があって距離感が良いです。

 

Q.茶話会の時間が長いのが気になります。疲れたら、帰ってもよいですか?

 

A.もちろん、疲れたら帰っても構わないです。1次会・2次会・3次会と分けたのも、帰りやすくする為でもあります。大体1時間ごとに10分休憩をいれてますので、その時も帰りやすいと思います。

 

★疲れた・辛いと感じたなら無理をしないでパスしてください。一旦退席して休んでから復帰することもできます。(スタッフに了解を得る必要はありません)

と言うルールなので、話すのが辛かったり、聞いてることで疲れた時は、無理をしないでパスしたり、退席してください。


☆帰るときは、一声スタッフに伝えてもらえると助かります。

 

Q.武蔵野茶話会とはどのような集まりですか?

 

A.一言でいうと当事者の交流を目的とした雑談会です。参加者が話しやすい雰囲気作りを大事にしています。現在は、 自分の知りたい事、話したい事を、ざっくばらんに語り合う集まりになっています。合うかどうかは経験するしかないと思うので、よければ参加してみてください。

 

Q.付き添いを連れての参加は可能でしょうか?

 

A.付き添いの方が気分障害(うつ病・双極性障害)の当事者であるなら、もちろん参加は可能です。もしそうでない場合は、付き添いの方の参加はお断りしています。当事者でない方が参加されると、他の参加者の方が不安に思われるので、安心して当事者会を行う為にも、ご協力お願い致します。

 

Q.予約申込みが必要なのは何故でしょうか?

 

A.以前は、事前の申込み不要で、直接会場に来ていただく方法にしていました。この方法ですと、何人参加するかは当日にならないと分からず、座席数より多くの方が集まることもありました。そして、椅子が足らずに立ち見まで出してしまうことは、会場の規則で禁止されていますし、安心してお話して頂く場として相応しくないと思い至りました。以前と比べて予約の手間があることで、参加しにくくなるデメリットは感じましたが、安心優先で予約申込みを採用した次第です。ご協力の程、宜しくお願い致します。

予約申込みに新ルールが追加されました!(2017/02/18)

・キャンセルメールが出来ず当日こられない人は、参加前の注意事項にあるように参加資格が無いと判断できるので、他に予約がしてあれば取り下げます。体調が回復し、参加できると判断できたら、また予約申込みをしてください。

・累積2回キャンセルメールが出来ず当日こられない人は、当日キャンセルをした次の月までの予約申込みができません。休養が必要な時期であると考えられるので、体調回復に努めてもらいたいと思います。

・累積3回当日キャンセルした場合は、キャンセルメールがあったとしても次の月までの予約申込みはできません。休養が必要な時期であると考えられるので、体調回復に努めてもらいたいと思います。

予約する時は参加する気で満々でも、いざ当日になると体調が悪くなり何もできなくなることは、私にも同じような経験があります。これを繰り返すと、自分を責めるようになり自尊心を損ないます。どこかで区切りを付けないと繰り返してしまいます。

参加者に無理をさせないように、そして、なるべく多くの人に参加して頂きたいので、ルール追加の件、ご理解の程よろしくお願い致します。

Q.武蔵野茶話会はいつまで続けるのですか?

 

A.武蔵野茶話会を「お気に入り」にしてくれて、ありがとう御座います。私だけでなく、自助グループを運営している人達は、なるべく長く続けたいと願っていると思います。私も他の主催者達と同じく、病を抱えている当事者です。双極性障害なので、安定しているときは良いのですが、うつ状態になってくると運営が苦しくなってきます。幸い、今までの運営で苦しい状態の時はありましたが、休まず続けて来れました。これも、助けてくれる「スタッフ・参加者・協力者」の力があってこそだと思っています。

必要とされている間は、続けて行きたいと願っています。いつまでかは、私にも分かりません。仲間が必要としている間、続けられたら良いなと思っています。

Q.5分タイマーは何故必要なのですか?

 

A.目的は三つあります。1番はテンションがあがりすぎて話しすぎてしまう人の対策です。自己紹介の時に1人1人がタイマーを使うことで、5分間ルールの自覚を促します。

10人参加で、10人×5分=50分。

茶話会は1次会(2時間)2次会(1時間)3次会(1時間)

フルで参加して、一人当たり約20分話せる権利があるわけです。

2次会までが多数と考えると15分になります。

勇気を出して予約申込みをして、時間を作って移動費+参加費を負担して、やっとのことで参加してくれた人が、話しすぎる人のために圧倒されて何も話せずに帰るという事態も起きています。

苦情が運営に届くようになって、流石に看過することはできなくなりました。

正直、胃の痛い問題で、対策はしていますが私のストレスが無くと言う訳にも行きません。

参加者全員の協力を願うばかりです。

2番目の目的は、協調性を促し5分ルールの共通認識を高めます。ちょっと変わった5分タイマーを使うことによって緊張をほぐし、操作の仕方などを教えあったりします。

3番目の目的は、ルールを守ることを示すことです。ルールは参加者を縛るものでもあるので、嫌な人もいるでしょう。私も無理強いをして必要以上にストレスを与えたくはありません。しかしながら、ルールを守らない人を放置してはその他大勢の参加者が安心して参加ができず、運営が崩壊しかねません。

​5分タイマーと言えど、運営は考えて採用している訳です。ご協力お願い致します。