キャンプ準備

2018/03/13

今回のもちもの。

 

・50Lザック

・テント一式(メイン・フライヤー・ポール)

・シュラフ

・エアマット

・折畳み椅子×2

・焚き火台

・トング

・カセットコンロ

・ボンベ

・網

・ペグ

・ハンマー

・メスティン

・わりばし×2

・保冷バック×2

・保冷剤

・水(500ml)

・チタンマグ(300ml 450ml ←湯沸し用)

・シェラカップ

・服(靴下 ニット棒 インナーパンツ)

・タオル

・軍手

・着火剤

・木材(使用済み割り箸とか)

・使い捨てカイロ

・トイレセット

・機器類(モバイルバッテリー ヘッドライト 電池 ライター×2)

・グランドシート

・シート

・折畳みテーブル×2

・ほうじ茶

・ジンギスカン風鍋

・Bluetoothスピーカー

・食材

・水(1Lペットボトル)

 

今回初めてすること。

 

・東京での無料キャンプ場一泊。

・ザックにキャンプ道具を入れてのキャンプ。

・焚き火台を使って焚き火(キャンプ場での焚き火自体始めて)

・今の時期のテント泊(山での春秋対応訓練)

・キャンプで焼肉(ジンギスカン風鍋使用)

・アウトドアでメスティン使っての飯盒。

・マシュマロを焚き火で焼いてビスケットで挟んでパクつく。

・山友とのキャンプ。

 

まだありそうだけど、まあいっか。

 

もともと10年前ほどに北海道自転車旅行していて、お金も無かったんで無料キャンプ場から次の無料キャンプ場へ移動する感じのキャンパーしてました。

 

今は山登りが楽しくてここ数年続けてる趣味なのですが、キャンプも好きなのですよ。ただ、ソロキャンプは僕に向かないみたいなので、おのずと興味が無くなってました。

 

山登りをしている内に北アルプスに行きたくなってきて、そこまで行くなら縦走して何泊も楽しみたいとなりました。そこでお金があれば山小屋泊縦走との手段もあるのですが、これからも続く趣味だと思うのでテント泊で!となりました。

 

テント泊縦走するなら重い荷物を背負って歩かなければなりません。そこで体を鍛えるようになってノリでどんどんハードな方向に(笑)

 

僕はとてもミーハーなので、流行ものには乗っかりたい人です。最近アウトドアが漫画やアニメに取り上げられて、もろに影響受けてます。

 

山テントの練習のはずが、キャンプ熱再発!

 

どうなることやらです。

 

 

 

Facebook
Twitter
Google+
Please reload

特集記事

武蔵野 OutDoor CLUB 005

2019/11/02

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ