両神山(百名山)登頂!

2017/09/20

両神山をやっつけてやったぜ!(最近の仲間内の流行り)

 

実は富士登山で出会ったボクサー?3人組が、登った山の事をこう表現してたのがウケタのです。富士山をやっつけてやるぜ!ちょっと元気がでます(笑)

 

両神山は冬に登頂できなかったので、そのリベンジということで、かなり気合を入れて望みました。

 

がしかし!今回は入山料(環境整備料)が必要な白井差ルートを選択したところ、かなり余裕のある山行となりました。

 

ここを管理している山中さんは、山岳救助に係っている方で、気さくで話好きでとても優しい方でした。詳しい地図を貸し出してくれて、事細かに説明してくれました。バス亭まで迎えに来てくれて、車にのせて登山口まで送ってくれました。僕はもうこの登山口以外から登る気がしません。

 

ちなみに登頂してから帰ってくると、山中さんに地図を返すときにバッジがもらえます。

 

話は変わって、秩父駅様変わりしましたね。温泉もできて賑やかになりました。

 

陸橋も黒を基調にいい感じです。

 

自動販売機のデザインにもこだわりを感じます。 

 

陸橋から眺める武甲山。かっこいい山ですよね。秩父三山の一つなんですよ。残りは、今回登る両神山、もう一つは三峰山です。

 

今回新しく出来た、祭の湯。提灯がこだわりのようです。

 

りっぱな木ですよね~

 

最初のバス移動中にいたゆるキャラ。バスにのる客は学生さんが多かったのですがガン無視でした。ちなみに頭にとろ~と乗っかってるのは味噌です。頑張れ!ポテくまくん!!

 

さてと、両神山に話を戻しますと。実は、途中で曇ってきてみるべき物はあまりなかったです。上の写真は最後のバスの停留所なのですが、この時は晴れてましたね。
 

最初の頃は、こんな感じの道を歩いて。

 

滝を眺めつつ登りました。(この滝は昇竜の滝と言います)

 

こんなところで、休憩を挟みつつひたすら登り。

 

ガスがでてきた山を登り。

 

あれ?もう着いちゃうの?って感じ。

 

はい。僕はMAMMUT好きです。ザックもウェアーも殆どMAMMUTです。

 

お腹が空いたので、山頂へ行く前に昼食です。登ってる間は暑かったのですが、山頂付近は急に寒くなりました。

 

頂上まで後わずかなのですが、最後に鎖場が続いています。

 

ストックはしまって、崖をよじ登ります。

 

ガスが酷くて、遠くがまるで見えません・・・。

 

山頂からの景色を楽しみにしていましたが自然には適いません。前回のリベンジを果たしたことで良しとします。両神山やっつけたぜ!!

 

わらじカツどん、美味しゅうございました!

 

たい焼き、美味しゅうございました!

 

あと、温泉さいこー!とか言いたかったのですが、町営の温泉がやってなく、バスと電車の乗り換えにも失敗し、帰宅することに。帰りはかなり遅くなりました。

 

秩父は山も飯も水も温泉も最高なんだけど、そこにたどり着くまでが大変ですね。今回は実はいろんなことがあって、いろいろと考えさせられました。

 

次回の金峰山も楽しみです。

晴れますように。。

 

Facebook
Twitter
Google+
Please reload

特集記事

武蔵野 OutDoor CLUB 005

2019/11/02

1/10
Please reload

最新記事