八ヶ岳(百名山)登頂!

2018/05/28

「八ヶ岳」は特定の一峰を指して呼ぶ名前ではなく、山梨・長野両県に跨る山々の総称であるが、その範囲は「夏沢峠以南のいわゆる南八ヶ岳のみ」「南八ヶ岳及び北八ヶ岳の領域(蓼科山を除いた領域)」「蓼科山まで含んだ八ヶ岳連峰全体」など様々な定義がある。日本百名山でいう八ヶ岳は南八ヶ岳のみを指す。

(Wikipedia)

今回の南八ヶ岳縦走は、当初の予定と違って別ルートを歩いています。硫黄岳~横岳~赤岳の稜線を歩いていません。赤岳(八ヶ岳最高標高)を登っているので百名山登頂としていますが、やはり心残りがありますね。

 

八ヶ岳縦走バッジというのもあったので、次回に稜線を走破した時には購入して南八ヶ岳に区切りをつけたいと思います。

 

八ヶ岳は東京からも行きやすく登りたい山やコースが沢山あるので、これから行く機会が増えそうです。夏に北アルプスに行くので、その練習の場所としてもうってつけですね。

 

JR小海線を使って松原湖駅まで。

 

松原湖は無人駅でSuicaが使えません。車掌さんから処理連絡票をもらって後精算です。この紙無くしたらどうなるのだろう・・・。

 

わーい。本当に何も無い。当初、この駅にコンビニがあること前提で昼食を取る予定でした。無いこと前提でパン買っといて良かった。便利なことに慣れすぎていると、いざという時に困りますね。

 

松原湖駅からバスに乗って25分。今回の山旅のスタートの場所、稲子湯に到着です。

 

OSPREY イーサー70(左)

GREGORY バルトロ75(右)

今回のザック重量は18kg程です。

 

いきなり雰囲気が変わりました。

 

謎の惑星に降り立った気分です(笑)

 

可愛らしい花が咲いていたので撮ってみました。シロバナノヘビイチゴ(バラ科オランダイチゴ属の多年草)かな?珍しい花ではないようですね。

 

本当は絶滅危惧種のツクモグサとホテイランを見てみたいなと思っていました。しかし、ピークハントが目的で来た僕達に、見つかる代物では無かったようです。

 

新緑が目に優しいですね。

 

青空見ると笑顔がこぼれちゃいます。

 

みどり池。みどりだー!としか思い浮かばない僕でしたが、皆もそんなものですよね?

 

北八ヶ岳は500種以上の苔が自生してるらしく有名なのですが、南八ヶ岳でも苔はよく見かけました。まさにコケコケ天国です!苔を目的にやってくる苔女(苔が好きな女性)という方がいらっしゃるそうですが、会うことは無かったですね。

 

ちょっとした湿原もありました。

 

水芭蕉も咲いてました。水芭蕉といえば尾瀬。今年は尾瀬も行ってみたいですね~

 

本沢温泉到着ー!

 

まずはテントを張ってと。

 

日本最高所の露天風呂へGO~!

にしても凄い所にあるな・・・。

 

この先に露天風呂!?とか思ってました。

 

!? あれ・・なのか・

 

すごい硫黄の匂い。紛れも無く100%源泉かけ流しの露天風呂だ!

 

男に生まれて良かったと、しみじみ思ったり。女性がこの秘湯に入るには色々と大変そうですね。この景色をひとり占め。贅沢な一時でした。

 

ちなみに、テント泊代が600円。温泉代が600円でした。

 

1日目終了。明日の本番に備えます。

 

2日目。今回の核心部、夏沢峠を越えて硫黄岳~横岳~赤岳への稜線に向かいます。初体験となるC難度の稜線を重いザックを背負ってのチャレンジは簡単なことではないと覚悟を決めていました。

 

C難度:ハシゴ・くさり場、また、場所により雪渓や渡渉箇所がある。ミスをすると転落・滑落などの事故になる場所がある。案内標識が不十分な箇所も含まれる。◎地図読み能力、ハシゴ・くさり場などを通過できる身体能力が必要。

 

風が・・風がすごい・・

 

踏ん張ってないと体をもっていかれそうです。

 

強風で身の危険を感じるのは初めてだ。

 

硫黄岳登頂!

 

なんだこれー!凄すぎる!!

 

画面が揺れるのは、僕がヘタなだけじゃなく強風に煽られているからです。

 

爆裂火口壁です。なんかカッコいい!

 

怖くてゆっくり撮影できない(汗)

 

10mを超える強風の為、硫黄岳~横岳~赤岳の稜線歩きは断念しました。初挑戦で経験が無い上、重いザックを背負い強風に煽られながら行くのは無謀すぎる。断念して戻ってくるベテランっぽい方もいたので仕方が無いですね。

 

別ルートとしては赤岳鉱泉へ直行しかないので予定よりかなり早く着くことになります。

 

横岳

 

赤岳

 

阿弥陀岳

 

硫黄岳

 

硫黄岳2

 

時間に余裕があるので写真撮りまくってました(笑)

 

赤岳鉱泉到着!お昼に着いちゃったよ。

 

テント泊の受付すましてー

 

テント張りましたー。平日だからかこの場所は僕一人だけでした。友人はドコモの電波が届くところに移動。僕のスマホはAU。山はドコモだね、AUは遭難したとき役に立たない。気がする・・・。

 

いいことがありました。赤岳鉱泉に着くまでにストックの先を無くしてしまっていたのですが、親切な方が拾ってくれて赤岳鉱泉の入り口に置いてくれていました。しかも洗ってありました。

 

どなたかは存じませんがありがとう御座います。あなたのような親切な人になれるように頑張りたいと思います。

 

赤岳鉱泉はお洒落なホテルって雰囲気で、AUの電波以外なら何でも手に入りそうです。

 

もうひとつ手に入らなかったものがありました。それは赤岳鉱泉の温泉です。

 

5月末から10月末までの夏季営業期間はお風呂に入れるとのことで、ギリギリ入れない時期だったのですね。ちゃんと調べなかったのが悪いのですが、かなりガッカリしました。

 

で、その分を食事で解消しよう!ってことで昼食を注文♪

 

マレーシアカレー♪ 思ってたほど辛くない。次来たときはパンジャブカレーにしよう!

 

よなよなビール♪

 

なんでコレにしたか?安かったからですよ~