天城山(百名山)縦走!

2019/01/14

今年ひとつ目の百名山!天城山へ行ってきました。これで13座目。今年は+12座を目標にしています。今の時期は本格的な雪山登山はしないので低山登山になります。夏山シーズンは日本アルプス中心に動くので今行ける百名山ということで天城山に決めました。

 

乗換3回、距離187.1km。乗換に余裕は殆どありませんでした。

 

漫画・アニメ嫌いじゃないので、まあいいかなと思うんだけど、アニメのポスター3種類張ってあったり電車にデカデカと宣伝してたり。田舎の風景にシュールだなぁ。地元のお年寄りはどう思ってるんだろう?と思ったり。町おこしに必死なんですかね~。

 

天城峠到着! 修善寺からバスで43分。今回の山旅のスタートです。ちなみに右上のトンネルは新天城トンネルです。

 

こちらが有名な旧天城トンネル。トンネルの中にピントを合わせちゃってピンボケ写真です。

 

トンネルって隧道(すいどう)って書くんだね。今まで知らなかったよ。

 

展望台から見た八丁池。凍ってますね~。

 

ちょこっと富士山が見えました。この山旅で唯一の富士山ポイントでした。富士山が良く見えるポイントが一か所あるらしいのですが見つからず。朝の電車の中から見た富士山が一番綺麗だったなぁ。

 

八丁池近影。たぶん凍ってない時の方が綺麗だと思う。

 

八丁池周辺はテント禁止。テント張れたら最高の場所なのになぁ。

 

八丁池で昼食をとりました。袋麺・ウインナー・卵・乾燥野菜・バジル・粗びき胡椒・ニンニク・イワシ粉末。見た目は悪いですけど美味しかったですよ♪

 

思ってた以上に雪山です。後で知ったことなのですが天城山は年間降雨量が多く積雪も珍しくないとか。すっかり油断していてチェーンスパイクをもってきませんでした。幸い転ぶことは無かったけれど、下りは怖かったですね。

 

最初のピーク、小岳。

 

伊豆半島最高峰の万三郎岳(1,406m)登頂! 森林限界を超えていないため、登山道の大部分が広葉樹に覆われています。つまり、景色が見えません。

 

真中に見える山は遠笠山(1,197m)です。

 

自然の芸術ですね~。

 

アセビのトンネル。あまりトンネルにみえませんね。天城山は花が咲く春に来るのがいいのかもしれません。

 

天城高原ゴルフコースが見えます。遠笠山の右にある砂山みたいなのは大室山かな。

 

真中の小高い山が万二郎岳。ところで万一郎岳はどこに行ったのだろうか。

 

万二郎岳(1,299m)登頂!

 

風力発電の風車が見えます。

 

綺麗な景色に出会えると来てよかったと心から思えますね。

 

おつかれさまでしたー!

 

実はバスに乗り損ねました。次のバスは1時間半後。ここは標高1040m。寒さに耐えられたのは話し相手の友人がいたおかげですね。しかも、バッジが売っている所はシーズンオフで空いておらず二人で愚痴がとまりません。

 

伊東に着いてから食事と温泉どっちを優先するか?と悩みましたが僕らは食事を優先!前もって調べてあった「楽味家まるげん」さんへ。

 

こだわりがあるようです。

 

ここはご飯お替り自由。お腹が空いてたんですね~。2回おかわりしましたよ。店員さんに驚かれました。

 

ここの温泉に入りました。日帰り入浴は2時間制限があります。たまたまかもしれないけれど何度も2時間ですよ!と言われてしまい、さっさと出てけと言われてるようで気分が悪かったです。温泉じたいは良かったです。

 

帰りも4時間以上かかる伊豆は、やっぱり遠いし交通費が掛かりすぎる。正直、何度も来たいと思う場所ではないですね。あくまで山登りとしてですが。バッジを買う為だけに春にもう一度来るかどうか悩ましいです。

 

今回は比較的元気に終われたので、去年末の体調不良から考えると劇的な復活と言えそうです。百名山だけでも後87座残ってる。まだまだこれからです!

 

出発時刻/高度: 09:04 / 655m 
到着時刻/高度: 16:17 / 1055m 
合計時間: 7時間13分 
合計距離: 16.1km 
最高点の標高: 1371m 
最低点の標高: 655m 
累積標高(上り): 1171m 
累積標高(下り): 771m 

 

Facebook
Twitter
Google+
Please reload

特集記事

武蔵野 OutDoor CLUB 005

2019/11/02

1/10
Please reload

最新記事