山のふるさと村

2019/04/22

瑞牆・金峰山のテント泊登山が雪の為中止。山のふるさと村→三頭山登山→数馬の湯(定休日)で中止。結局、僕が本調子でないこともあって焼肉キャンプに決定! 近場にした為、運賃をお肉に還元です。

 

前回は牛タンが激ウマで、カルビがいまいちな上に量が多すぎた。ので、今回は牛タンを多めで、後は希少部位であるザブトン(和牛)を選択! 2人だからできる贅沢な焼肉ですね~♪

 

何度も来てるのに毎回撮ってしまう奥多摩駅。

 

山がカラフルです。春ですね~♪

 

無料送迎バス。4名以上で利用可能とのことですが、要相談で僕達2人でも出してもらえました!ヽ(´▽`)ノ

 

ザックが重そうだけど飛べるのかな?

 

キャンプ場サービスセンター到着~♪ 受付(テント場料金200円)を済まして指定の場所へ向かいます。

 

テント場ごとにテーブル・ベンチがありました。キャンプ用の椅子もって来たけど要らなかったですね。

 

冬用シュラフを干しました。デカいですねぇ。重いし嵩張るんだけど寒さに凍えるよりマシ。まあ、今回は暑くて寝苦しかったんですがね💦

 

炊事舎の中。

 

飲み水使い放題な上、洗剤・タワシ・スポンジとそろっています。

 

ゴミ箱あるの助かるわぁ~。アウトドアはゴミ持ち帰りが基本だからね。

 

すのこがあるとは、ありがたい!

 

インナーテントを立てました。僕のテントは3人用のダブルウォールテント。北海道自転車旅行をする為に17年前購入。山岳用としてはデカいし重いし新しいテントが欲しい! けれど流石は日本製テント、まだまだ使えます。

 

フライシートを被せました。この日は風がまるでなく、結露対策の為にフライシートの4ヵ所だけペグを打ちました。

 

友人のシングルウォールテント。1人用です。

 

友人のブルーのシートはフライシートではなく、あくまで前室を作るもの。説明が上手くできそうに無いので、そう言うものだと思ってください💦

 

後ろから見たテント。

 

ヤマツツジかな。

 

こんなのに行き成り出会ったらビビるよね!∑(゚Д゚)

 

軽い散策のつもりが結構な山道が続きます。サンダルで来ちゃったよ!

 

当初はココから三頭山を目指す予定でした。

 

ファイヤーサークル。マイム・マイムしたいな~ヽ(´▽`)ノ

 

近くに渓流があります。

 

帰ってきました。山桜がお出迎えです。

 

腹が減ったところで焼肉パーティーです! ところでこの肉アメリカっぽくないですか?

 

マジで美味い!肉が甘い!ワサビ醤油で食べたかったな~

 

〆に、あんパン&珈琲。あんパンは叩いて平らにしてから焼きました。

 

ナルゲンボトル1ℓをムード照明にして談笑。結構真面目な話もしたなー。

 

やること無くなって、照明の位置を変えたり色々やって写真を撮りまくってました💦 消灯は22:00。疲れてないけどお休みなさ~い。

 

やっぱり旅の最後は温泉っしょー!ってことで、河辺駅下車。

 

この建物の屋上に温泉があります。

 

梅の湯っていうんだけど、由来がすごくぼんやりとした説明で笑った。

 

温泉とセットで頼むとお得なメニューです。味はそこそこでした。

 

温泉入って思ったのですが、疲れてないと物足りない。疲れ果てて体のどこかを痛めてるからこその温泉なのですよ。もちろん気持ちは良いのですが、ただ風呂に入りに来ただけとの感想しかありません。食事も同じで、山帰りの空腹は最高の食事を提供してくれます。

 

つまりは良い意味でのマッチポンプ!自分を疲れる状況にあえて追い込み、そこから解放されることで利益を得る。人生は自作自演できると楽しくなる。配役を押し付けられてるのでは無く、演じる役を自分で選ぶ。Mって言うな~

Facebook
Twitter
Google+
Please reload

特集記事

武蔵野 OutDoor CLUB 005

2019/11/02

1/10
Please reload

最新記事