男体山(百名山)登頂!

2017/10/11

行ってまいりました男体山!日光の観光地に雄大にそびえ立つ霊山男体山。天気予報と睨めっこしつつ、ようやく晴れ予報がでたので急遽チャレンジすることにしました。

 

男体山を登山するには、二荒山神社中宮で入山料を払うことになります。対応してくれるのが巫女さんなのですが、日光の修験者の修行の山だからかなんなのか、キリッとした佇まいで気持ちが引き締まりました。

 

入山料を払うと御守護がもらえます。

念のためバッジも先に購入。登山成功を祈願します!

 

四号路までくると、いい感じの紅葉が見られるようになりました。

 

中禅寺湖も綺麗に観えますね!

このまま晴れてくれるといいな~

 

中禅寺湖と紅葉のコラボです。今回は写真をたくさん撮ったのですが、殆ど中禅寺湖と紅葉の似たような写真ばかりですね。

 

六合目あたりから岩場がきつくなります。慎重に登らないとならない為、集中力が必要で時間がとられます 。岩場は下りの方がもっと疲れましたね。

 

八合目の避難小屋。木の風格がいい感じです。

 

男体山やっつけたぜ!!

結構高い山ですよね。

気圧でお菓子の袋がパンパンです。

 

山頂ではっちゃけてるオイラです。

 

男体山山頂は大荒れでした。雨が降ってないだけマシでしたが、風が強くガスってて山頂からの風景は何も見えませんでした。

 

下りで撮った中禅寺湖。雲が怪しげです。

 

無事に下山しました。足腰に痛みなどなく、ダルイだけですみました。普段の訓練のおかげかもしれません。

 

ちょっと気になることがありました。入山の時に頂いた御守護を四号路入り口の看板に掛けてる人がいるみたいなんだけど、どうなんだろう?

 

あれは無事に帰れたお礼とともに神社へ返すか、交通安全のお守りとして持ち帰るものだと思うのだけれど・・・。

 

実はこの写真は行きの写真で、帰りには増えてました。なんかゴミを置くと、真似してどんどんゴミがふえてく現象と同じにみえて気分が悪かったです。

 

僕の思い過ごしで、そんな風習が昔からあるならいいけどね。

 

あぁ 終わったなぁ

あとは温泉と食事だ!!

 

まずは日帰り温泉に浸かってと~、とホテル湖上苑に行ったところ・・・

「本日は日帰り温泉はやっておりません」との張り紙が!!

 

あきらめず、突入して聞いてみることにしました。さすがにそこで温泉には入れませんでしたが、入れる場所を教えてもらいました。

 

山旅は何度もしてますが、こういった図々しさは必要だと思います。特に観光地だと商売してる人の方が強気な対応してくることがよくあります。

 

ちなみに温泉入浴が叶いまして、硫黄の匂いがただよう温泉に入浴しました。最高のひと時を味わいゆったりできました。

 

さて次は食事と、友人が調べてくれたとんかつ屋に行った所、ラストオーダー午後6時で入店したのが6時10分まえにも係わらず、「もう終わりだよ!」

とすげない答えが・・・。どうやらもう片付けに入ってしまっているようでした。また来るかもしれないのでスルーして、バス乗り場を質問して早々に退散しました。

 

街灯もないほぼ真っ暗なバス停で待たされることになり、どこで食事をとるかの相談をしました。地元まで帰ると、12時頃になることが判明。僕たち二人はすでに腹ペコ状態です。東武日光駅の近くか、北千住で探すか、地元まで我慢するか・・・。

 

 

東部北千住駅構内に牛カツ専門店発見!

迷わずココに決めました。腹ペコと疲れで思考力低下してたと思うけど、今もって満足な選択でした。

 

今回の山旅で学んだことは、

 

・簡単に諦めない!

 

・やれることはやる!

 

・他人に頼る!

 

そんなことをしみじみと感じました。

 

次の山行は「雲取山」を山小屋泊で行く予定です。

もしかしたら、その前にどこかの山に行くかもしれません。

 

Tags:

Facebook
Twitter
Google+
Please reload

特集記事

武蔵野 OutDoor CLUB 005

2019/11/02

1/10
Please reload

最新記事