雲取石尾根縦走!

2019/05/03

丹沢主脈縦走から調子を崩し、気持ちが落ちていった時期に「石尾根縦走のバッジがあるらしいぞ!」との話を頂く。そのバッジには六ッ石山・鷹ノ巣山・七ッ石山・雲取山が印字されているとのこと。

 

「折角だからその四つの山を1日で縦走して勲章にしよう!」

 

確かにその時、落ちていた気持ちに火が灯った。

(=゚ω゚)ノ ファイヤー!

 

わさぴー・・・。奥多摩には何度も来てるんだけど初めて知ったよ!(笑)

 

ちなみにこの場所はフリーWi-Fiが使える。画像付きのツイートしたっけ。左の張り紙には悲しいお知らせが。奥多摩小屋のテント場で、ゆっくり過ごす夢が破れた。何とかして復活してもらいたいものです。

 

いつもの奥多摩駅。雲がおどろおどろしいなぁ。

 

奥多摩駅から直接登山口まで歩いていきます。奥多摩駅から雲取山まで歩いて行くって、1年前には考えられない話でしたね。

 

奥多摩駅から鷹ノ巣山までは何度も歩いてるんだけど、この分岐が分かり辛くて間違えやすい。前にも書いた気がするけど、右に行くのではなく左の羽黒三田神社を経由して行くのが正解。右に行くと遠回りになります。

 

羽黒三田神社。

 

このころは晴れていて気持ちが良かったですね。

 

鷹ノ巣山近くから観る富士山は最高なんだけど、ぼやけてた。。

 

雲取山のダンシングツリー。雨雲がバックでモンスターっぽい!

 

閉鎖した奥多摩小屋。

 

頂上が見えてきました。

 

雲取山避難小屋。

 

バックの雨雲がまさに雲取山って気分にさせますね。山頂は結構寒かったのですがゴアカッパ1枚で快適に。レインウェアは欠かせませんね~。

 

山頂登った証拠的なもの。個人的には山頂標識は木製のが好みです。

 

これが今回の目的のバッジ。残念ながら廃版になっていて購入できませんでした。最近のバッジはやけにカラフルになっているんだけど・・・。これも個人的には昔ながらのバッジが好きですね~。

 

 

今回の山行は、令和になって初めてのチャレンジ登山。と言うことで意気込みがありました。しかし、体調に不安を抱え、やった事もない30キロ越えの山行。いかに自分のペースを守るかが課題でしたね。

 

登りで無理をすると、下りで蓄積した疲労がどっと出ます。殆どの事故は下りで起きていて、どうしてココで?って場所で起こる。

 

下りで油断しない為には登りで無理をしないこと。疲労が少ない分、集中力が保てる。必要なのは事故が起きない最低限度の集中力を保つこと。

 

疲れ過ぎてると早く楽になりたくて、集中力が保てず無茶をしがちなんですよねぇ。

 

帰り着くために、学ぶことはまだまだありそうです。

 

出発時刻/高度: 07:03 / 336m
 到着時刻/高度: 18:12 / 537m
 合計時間: 11時間8分
 合計距離: 34.44km
 最高点の標高: 1996m
 最低点の標高: 327m
 累積標高(上り): 3680m
 累積標高(下り): 3419m

 

Facebook
Twitter
Google+
Please reload

特集記事

武蔵野 OutDoor CLUB 005

2019/11/02

1/10
Please reload

最新記事